国産馬(サラブレッド)の胎盤(プラセンタ)のみを使用したプラセンタEX100

プラセンタEX100

  • マイページへログイン
  • お問い合わせ
  • 0120-793-419
  1. HOME>
  2. プラセンタとは

馬プラセンタ・プラセンタとは

プラセンタとは、英語やフランス語での呼び名で、日本語では『胎盤(たいばん)』を意味します。胎盤は基本的に、1つの受精卵が赤ちゃんになるまで育てられる器官であるため、哺乳類(ヒト、牛、豚、羊、馬等)だけに存在します。

ヒトの命は、わずかひとつの受精卵から始まります。
ひとつの受精卵は、約10か月という短期間で60兆個の細胞を持つ胎児に成長します。この器官、細胞分裂を繰り返し、様々な組織や器官に分化する役割を果たすのが胎盤なのです。また胎盤は、赤ちゃんを保護する働きだけでなく、老廃物の排泄作用や、酸素や栄養分などを届ける大切な器官でもあるのです。

ヒト以外の哺乳動物は出産後には胎盤を食べます。※ヒトでも胎盤を食べる例は存在します。その理由は、胎盤には赤ちゃんを育てるだけの豊富な栄養分があるため、胎盤を食べることもあるようです。

プラセンタに含まれる成分 五大栄養素/プラセンタに含まれる成分
お肌のハリ・潤い・弾力を保つ秘訣はどこにある?

お肌の構造は大別すると、表皮、真皮、皮下組織の3層構造となっています(※右図参照)。この中で、お肌のハリ、潤い、弾力などを保つ機能を持つのは真皮です。

真皮の70%を閉めるコラーゲンは、網目状にはりめぐらされており、肌に伸縮性や弾力性をもたらします。 エラスチンは、伸縮性があるたんぱく質のひとつで、コラーゲンをサポートする働きがあります。ヒアルロン酸は、真皮の結合組織に存在し、水分を保つ働きをします。

お肌の組織図 年と共に変化していく肌成分
お肌のターンオーバーとは?

お肌(表皮)は、5層に分かれており、一番下の層である「基底層」で生まれた肌細胞は、形を変えながら分裂し、一番上の「角質層」まで押し上げられ、老化角質(垢)として剥がれ落ちることで、肌は生まれかわります。

これを肌のターンオーバーといい、このサイクルに要する日数は、約28日間と言われています。

※個人差があります。

お肌のターンオーバー
コラーゲンのホントのところ

肌に伸縮性や弾力性をもたらすコラーゲン。しかしそれらは、加齢とともに減少します。
それでそれを補おうと、コラーゲン自体を飲んだり塗ったりしますが、実際のところ、実感しづらいのは、直接お肌に届くわけではないから・・・というのは今や常識です。

ヒアルロン酸のホントのところ

化粧品などの塗るヒアルロン酸は大事なお肌の真皮(お肌の弾力をつかさどるところ)までは浸透しないので、局所的でかつ短期集中型でしか、保水力が続かないのです。 また、ヒアルロン酸の力を発揮させるには、コラーゲンやコンドロイチン硫酸などのムコ多糖が必要です。